機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

2D
4DX
G:どなたでもご覧になれます
©創通・サンライズ

『逆襲のシャア』から32年――、
その世界を色濃く引き継ぐ富野小説作品が劇場アニメ化!

ガンダム誕生40周年、さらに宇宙世紀の次の100年を描く「UC NexT 0100」プロジェクトの映画化作品第二弾として制作される『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は、宇宙世紀サーガの最新作であり、アムロとシャアによる最後の決戦を描いた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988)の世界観を色濃く継承する作品。

――ネジェンって、知ってるかい? 
それを知っているなら、連れていってあげる

第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)の終結から12 年が経過した U.C.0105――。人類と宇宙世紀の未来を示すかと思われた アクシズ・ショック を経ても、世界は変わらず混乱状態にあり、断続的に軍事衝突が発生していた。地球連邦政府の腐敗もさらに進んでおり、上層部は地球の汚染を加速させただけでなく、強制的に民間人を宇宙へと連行する非人道的な政策「人狩り」を行っていたのである。そんな地球圏の腐敗に立ち上がったのが、「マフティー・ナビーユ・エリン」と呼ばれる人物が率いた 反地球連邦政府組織 「マフティー」で あった。彼らは地球連邦政府高官を次々と暗殺するという苛烈な武力行使 に手を染めていたが、連邦政府への反発を強める民衆からは一定の支持を得ていた。その「マフティー」を名乗り、指揮する人物こそ、かつて一年戦争にも参加した地球連邦軍士官ブライト・ノアの息子で、 シャアの反乱 にも参加していたハサウェイ・ノアであった。アムロ・レイ、シャア・アズナブルの理念と理想を肌で知る彼は、ふたりの意志を宿した戦士として、武力による抵抗から道を切り拓こうと画策していたのである。だが、連邦軍大佐ケネス・スレッグと謎の美少女ギギ・アンダルシアとの出会いが、彼の運命を大きく変容させるのであった。

公開劇場:東京/池袋、東京/平和島、静岡/沼津、静岡/沼津(ららぽーと)、奈良/大和郡山、愛媛/松山、愛媛/伊予、徳島/北島、鹿児島/姶良

監督
村瀬修功
出演
小野賢章 上田 麗奈 諏訪部順一 斉藤壮馬

特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら