< PR >

宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF -

宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF -

2D
G:どなたでもご覧になれます
平和島
ユーカリが丘
土浦
沼津
ららぽーと沼津
かほく
大和郡山
下関
衣山
重信
エミフルMASAKI
北島
姶良
©西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2205製作委員会

"それでも「生きろ」と?
不安と哀しみの時代に、いま再びヤマトが飛ぶ。想像を絶する新たな宇宙へ――"

宇宙戦艦ヤマトは進み続ける。人類の未来を守るために……。帝星ガトランティスとの果てしなき物量の激戦を経て、大いなる代償と引き換えに困難な高次元領域からの帰還を成し遂げたヤマトと古代進。しかし宇宙には、新たな戦乱が待っていた。
本作は1979年に高視聴率を獲得したテレビスペシャル『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』以後の要素を一挙に結集!
「ヤマトの次世代クルー」「銀河レベルでの星間戦争」を核として、徹底的な再構築に挑む。徳川太助や土門竜介ら新クルーの参加、意外な旧クルーの乗船、文字どおり人類の命運を背負って生きのびた古代進の苦悩と、ドラマ面でも深みを増していく。ガミラス、イスカンダルの二連星を見舞う悲劇、ボラー連邦と謎の黒色艦隊とデスラーの軍勢との抗争を皮切りに、一大宇宙叙事詩が展開する。

白色彗星帝国との戦いから3年後。アベルト・デスラー総統はガミラス民族の新たな母星を求めてある星にたどり着くが、その周辺を領域とする強大な星間国家との争いが勃発。ガミラスと安全保障条約を結ぶ地球も戦いに巻き込まれ、地球に軍事的・経済的優位性をもたらしていた時間断層が消滅してしまう。ヤマトの新艦長となった古代進は新クルーらと共に、有事に備えた訓練航海へと旅立つ。

公開劇場:東京/池袋

監督
安田賢司
出演
小野大輔、桑島法子、大塚芳忠、山寺宏一、井上喜久子、畠中祐、岡本信彦、村中知、羽多野渉、伊東健人

特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら