< PR >

劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア

劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア

4DX
G:どなたでもご覧になれます
グランドシネマ
サンシャイン
池袋
平和島
ユーカリが丘
土浦
沼津
かほく
大和郡山
下関
衣山
重信
エミフルMASAKI
北島
姶良
©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

累計発行部数2,600万部突破の小説、原点の物語を映画で描く

川原礫氏による小説を原作としたアニメ『ソードアート・オンライン』シリーズ。2012年にTVアニメ第1期が放送されて以来、ゲーム、コミカライズなど、幅広いメディアミックス展開がなされている。2017年に公開され大ヒットとなった『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』以来の劇場公開となる本作は、シリーズ原点の物語を完全新作アニメーションで映画化。ゲームオーバーは現実の死に直結する。全ての原点であるデスゲーム『ソードアート・オンライン』が、劇場のスクリーンで新たに幕を開ける。

これは、《閃光》と《黒の剣士》が、その名で呼ばれる前の物語――
あの日、《ナーヴギア》を偶然被ってしまった《結城明日奈》は、
本来ネットゲームとは無縁に生きる中学三年生の少女だった。
ゲームマスターは告げた。
《これはゲームであっても遊びではない。》
ゲームの中での死は、そのまま現実の死につながっている。
それを聞いた全プレイヤーが混乱し、ゲーム内は阿鼻叫喚が渦巻いた。
そのうちの一人であったアスナだが、
彼女は世界のルールも分からないまま頂の見えない鋼鉄の浮遊城《アインクラッド》の攻略へと踏み出す。
死と隣り合わせの世界を生き抜く中で、アスナに訪れる運命的な《出会い》。
そして、《別れ》――。
《目の前の現実》に翻弄されるが、懸命に戦う彼女の前に現れたのは、孤高の剣士・キリトだった――。

公開劇場:静岡/沼津(ららぽーと)

監督
河野亜矢子
出演
松岡禎丞 戸松 遥 水瀬いのり

特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら