< PR >

ニュース
2022/5/16

【映画新着情報】“ウルトラ”大ヒット!2022年邦画実写No.1!『シン・ウルトラマン』公開から3日間で興行収入9.9億円突破!「禍特対」メンバー5人による記念写真も公開!

昭和41年(1966年)の放送開始以来、海外でも100を超える地域で放送され、今なお根強い人気を誇る日本を代表するキャラクター“ウルトラマン”が『シン・ウルトラマン』として映画化!5月13日(金)に全国401館(IMAX39館含む)にて公開し、3日間で観客動員数64万人、興行収入9.9億円を超え、‟2022年邦画実写No.1” の “ウルトラ”大ヒットスタート!!

2016年に公開され興行収入82.5億円を記録した『シン・ゴジラ』の公開初日から3日間の成績と比較すると、興行収入対比で117.2%、観客動員対比で113.5%となり、『シン・ゴジラ』を上回る大ヒットスタートとなっている。公開初日から3日間の興行成績は下記となる。

5月13日(金) 観客動員:191,302人 興行収入:290,102,400円

5月14日(土) 観客動員:255,554人 興行収入:398,432,500円

5月15日(日) 観客動員:194,946人 興行収入:304,875,150円

<5月13日(金)・14日(土)・15日(日) 3日間成績>

全国401館 計 641,802人  993,410,050円

そんな大ヒットを祝し、2019年の本編制作中に撮影した「禍特対」メンバーの記念写真も公開!!


劇中で「禍特対」メンバーを演じる斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴、早見あかりの5人による記念写真。1966年に放送された初代「ウルトラマン」に登場する「科特隊」の写真をオマージュした構図となっている。オリジナルの写真と同じく、晴れやかな表情の5人が写し出されている。


公開中

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/平和島/ユーカリが丘/土浦/沼津/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/重信/エミフルMASAKI/北島/姶良

©2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 ©円谷プロ

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら