ニュース
2020/1/31

【映画新着情報】激ヤバ!!クリーチャー降臨!『スケアリーストーリーズ 怖い本』劇中写真&登場シーン解禁!!

2018年に監督作『シェイプ・オブ・ウォーター』が第90回米アカデミー賞(R)で作品賞はじめ計4部門を受賞し、2019年にはハリウッドの殿堂入りも果たした世界的フィルムメーカーのギレルモ・デル・トロ。オスカー受賞後はじめて企画・製作し、ストーリー原案を担当した『スケアリーストーリーズ 怖い本』。デル・トロの心を鷲掴みにした激ヤバ!ビジュアルのモンスター【ペール・レディ】の劇中写真&登場シーンが解禁された。


黒いロングヘアに、もちっとした青白い肌。ちいさい目でこちらを見据え、のんびり近づいてくる、まあるい背中の洋ナシ型シルエット。すでに本編映像でちらりと見ることができるインパクト大な【ペール・レディ】は、遠目にはよちよち歩く着ぐるみマスコットのようでたいそう可愛らしい。

しかし間近で見るとその印象はがらりと変わる。口角は大きく上がり微笑みをたたえているが、真っ黒な瞳の奥は暗く濁っていて一切の感情はうかがえない。脂っぽい髪はべったりと体に張り付き、血の気のない、なめし革のような皮膚が不恰好に垂れさがっている。命のぬくもりが感じられない無機質な表情とふくよかな体形はアンバランスで、何とも言えず不気味。見ているだけで不安で落ち着かない気持ちになるのに、なぜか目が離せない。


得体のしれない恐怖心を煽られる、デル・トロ印の魅力的なクリーチャーがまた新たに誕生!!

ペール・レディはガンメルの挿絵に登場し、液体に近い黒鉛で描かれたためモノクロで、映像化する際にも、肌色は、必然的に、真っ白となった。そんな原画の再現に力を注いだデル・トロは、その透き通るような肌質にはこだわりが相当にあったようで「モンスターたちの色彩も、白やオイスター・グレイ、イエロー・パーチメント(羊皮紙のような黄色)などを混ぜて青白くしたかったんだ。一部ではデジタル効果を使って質感が固体よりもより滑らかに、液体っぽく感じられるようにもした」と明かす。

さらにしっとりと湿った黒々としたロングヘアは、同じく長い黒髪に白いワンピースをまとい井戸やテレビから這い出る「日本で最も有名な怨霊」【貞子】ともいい勝負!

造形を担当したのは、『シェイプ・オブ・ウォーター』で、デル・トロと一緒に半魚人を創作したマイク・ヒル。「彼女の何かにとても惹かれたんだ!」と語る彼は、本のページから実際に這い出てきたような錯覚に陥るほど、【ペール・レディ】をガンメルのイラストに忠実でありながら、実世界に現れたときには、誰もが怯えるモンスターとして見事に作り上げている。


原作イラストでも大人気の、クリーチャー界のニューヒロイン【ペール・レディ】の活躍に大注目だ!

『スケアリーストーリーズ 怖い本』"青白い女”劇中写真&登場シーン

2月28日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン/ユーカリが丘/沼津/大和郡山/衣山/重信

(C)2020 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら