ニュース
2020/3/3

【映画新着情報】千葉雄大 ピーター役続投!『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』哀川翔が千葉雄大を“悪に染める”宣言!?千葉雄大、モフワルへの決意を語る!

イギリスで最も美しいと称えられる湖水地方を舞台に、世界で一番愛されるウサギを主人公にした、ビアトリクス・ポター原作の絵本「ピーターラビット」。2018年に初めてハリウッドで実写映画化され、全世界興行収入が約386億円を超える大ヒットを記録!歌とダンスと愛くるしさで世界中そして日本中で観る者すべてを笑顔にした前作から2年、あのピーターラビットが、もっと“モフワル”になって再びスクリーンに帰ってくる!

3月3日(=ウサギにちなんでミミの日!)に、本作の日本語吹替版声優が発表!まず、主人公の<ピーター>役には前作に続き千葉雄大が決定!カワイイだけじゃないウサギをイキイキと表現した千葉が続編でも新たな顔を見せます。そして今回初登場する新キャラクターであり、ピーターをダークサイドへと導く地下組織の大ボス・ウサギ<バーナバス>役には哀川翔が決定!哀川が吹き替えを担当するのはなんと今回が初!千葉はピーターラビットのトレードマークであるブルーのジャケットを、哀川には<バーナバス>のダークリーンのジャケットという本作劇中さながらの衣装で登場した。


前作に続いて“ピーター”の日本語吹替キャストを担当することになった千葉雄大。「すごく嬉しいです!人間を演じてもなかなかハマり役って言ってもらえることは少ないんですけど(笑)!2年前に“ピーター”をやったときにも「はまってる!」とおっしゃてくださる方がたくさんいたので。。。役者人生初のハマり役がウサギっていうのも自分らしいかなと、とても嬉しく思ってます、と再び演じることになった“ピーター”続投への喜びを語った。今作は、ピーターが生まれ育った湖水地方を飛び出して、都会で“バーナバス”と出会い、ダークサイドに落ちるという衝撃的なストーリーということについては「前作では、ちょっとウサギって可愛いイメージもありつつ、意外と悪いところもあるんだよっていう“ちょい悪”とかだったんですけど、今回はダークサイド、っていう。。ぜひ、闇落ちした僕をみて欲しい!いや、、まあ実際の僕じゃないんですけどね(笑」、ぜひ、モフワルな僕を楽しみにしていてください!」と本作への意気込みを語った。

続いて、ピーターのモフワルの師となる地下組織のボス“バーナバス”の吹替声優・哀川翔も登壇!実はこれまでお互いに会ったことがなかった二人。初対面の印象についてまず哀川が「ピーターっぽいね!」と伝えると千葉は「僕は、哀川さんは釣りがお好きっていうのを聞きました。僕の友人の中川大志から。。」と明かす。「こう言って染まっていくのかな、俺に?!」とまんざらでもない哀川に対して「染められる~笑!!」と千葉は笑いながら返した。


タイトルの“バーナバスの誘惑”に因んで「哀川さんからの悪のお誘いがあったら?」という千葉への質問に対して「染まる気満々です!待ってます!」と全面的にモフワル受け入れ態勢であることも改めて表明!「これから公開まできっと色々ご一緒すると思うんで、だんだん彼が染まっていく姿を見ていきたいですね。」と哀川が述べると「公開ごろには、哀川さんと(見た目も)同じ感じになってるかも(笑)」というすでに子弟関係であるかのような息のあった掛け合いを見せていた。しかし、「これから公開に向けて千葉くんとの仲を徐々に詰めていきたいなと、、まずは“虫”から行こうかなと!」となんとその方法が哀川が大好きな“虫”を通してであることを明かすと「虫、、、大好きです・・・。」「染まろうと思います・・・。」と戸惑いながらも答えていた。


最後、本作を楽しみにしてる観客へのメッセージを求められた二人。哀川は「映画の吹替が初めてで、ドキドキしております!素敵な作品に仕上げられるように、頑張ります!」とそのバーナバス役への決意を語り、ピーター続投となる千葉は「前作はウサギの意外な部分を楽しんでいただけたと思うんですが、今回はモフワルということでバーナバスとピーターとその関係性を楽しんでいただけたらと思ってますので、ぜひ楽しみにしていてください!」と同じく熱い想いを語った。

2020年公開予定

公開劇場:グランドシネマサンシャイン/平和島/ユーカリが丘/土浦/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/重信/エミフルMASAKI/北島/姶良

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら