ニュース
2020/9/2

【映画新着情報】第77回ヴェネチア国際映画祭で最高賞の金獅子を目指す『スパイの妻』より新場面写真が到着!

日本を代表する映画監督であり、世界中にファンを持つ黒沢清の最新作『スパイの妻』が本日9月2日(現地時間)より開催される第77回ヴェネチア国際映画祭で、日本映画で唯一コンペティション部門に選出、最高賞の金獅子を目指す。ワールドプレミアはすでにチケットが完売!世界の注目が熱い本作より、物語の謎をさらに紐解く新場面写真が到着した!

1940年、神戸で貿易会社を営む優作は、赴いた満州で、恐ろしい国家機密を偶然知り、正義のため、事の顛末を世に知らしめようとする。満州から連れ帰った謎の女、油紙に包まれたノート、金庫に隠されたフィルム……聡子の知らぬところで、別の顔を持ち始めた夫、優作。それでも、優作への愛が、聡子を突き動かしていく―。

主演は数々の受賞歴を誇る、実力派女優・蒼井優。儚げでいて芯の強さを持ち、夫を愛し抜く聡子を圧倒的な存在感で演じている。『ロマンスドール』に続いて蒼井と夫婦を演じるのは高橋一生。正義の遂行のために手段を選ばぬ純粋な優作を魅力的に体現した。夫婦を取り巻く役者も日本映画界を代表する俳優たちが集結している。理不尽な歴史の前に、ささやかな幸せが揺らいでいく…。混乱を経た今の日本が刮目して観るべき傑作が誕生した。

今回公開された追加場面写真は、油紙に包まれたノートを手に深刻な表情の聡子や、微笑んで聡子の手を取る優作のジェントルマンな姿、市電の車内で優作が聡子にある重大な提案をする場面、向かい合いじっと睨み合う泰治(東出昌大)と優作、連行される英国人と憲兵に詰め寄る優作の甥・文雄(坂東龍汰)の緊迫した表情、華やかなドレスに身を包み倒れこみ、紳士に抱きかかえられる聡子の姿など。登場人物たちのさまざまな表情が汲み取れ、物語の謎を紐解く重要な場面が揃っている。さらに、1940年代・神戸が舞台ならではの、クラシカルで上品な衣装や細部にまでこだわり抜かれた美術の数々も合わせて注目したい。








10月16日(金)公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン(池袋)

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら