ニュース
2020/10/1

【映画新着情報】『461個のおべんとう』若林時英が道枝駿佑との関係性を明かす!インタビュー映像到着!

TOKYO  No.1 SOUL SETの渡辺俊美による感動のお弁当エッセイ「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」の映画化、11月6日(金)公開『461個のおべんとう』より、今注目の若手俳優・若林時英のインタビュー映像が到着した。

本作の主人公、ミュージシャンでありながら息子のためにお弁当を作り続けることを決意する、シングルファザーの鈴本一樹を演じるのは、井ノ原快彦。そして、一樹の息子、虹輝を関西ジャニーズJr.で人気沸騰中のユニット「なにわ男子」に所属する道枝駿佑が演じる。


今回、若林が演じるのは虹輝(道枝駿佑)がお弁当を通じて初めて仲良くなった友人・田辺章雄。内気な虹輝の背中を押す明るい高校生役を好演している。初共演となる道枝について、若林は「背も高いしめちゃくちゃかっこいい」とクランクイン前の印象を明かし「初日を迎えてどんどん現場をこなしていくうちに、距離感が縮まって仲を深めたんじゃないかと思っています」と撮影を通じて2人の関係性も大きく変化したという。本映像には、虹輝のお弁当に入っていたそら豆が異臭騒動を起こすメイキングシーンを収めており、2人の息の合った演技を垣間見ることができる。また、撮影の合間に仲良くおにぎりを頬張る場面も。

メイキング・インタビュー映像 -若林時英編-

学校での昼食シーンでは、仁科ヒロミ役の森七菜ら同年代のフレッシュな俳優が集結。若林のアドリブに道枝が見事に対応し、テンポのよいかけ合いで青春を謳歌しているシーンが生まれた。本作について若林は「いろんな要素が詰まった、まさにお弁当のような作品です」と見所を語っている。フレッシュな若手俳優からベテラン俳優まで彩り豊かなキャストが勢揃いで贈る、親子の絆の物語をぜひ劇場で!

11月6日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン(池袋)/大和郡山/衣山/エミフルMASAKI/姶良

ⓒ2020「461個のおべんとう」製作委員会 

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら