ニュース
2020/12/22

【映画新着情報】踊れない宣言の田中圭も大健闘!!『哀愁しんでれら』幸せ溢れる!まるでミュージカルなダンスシーン本編映像解禁!

なぜその真面目な女性は、社会を震撼させる凶悪事件を起こしたのか・・・禁断の“裏”おとぎ話サスペンス開幕!映画『哀愁しんでれら』より、ワンカット長回しで撮った「ダンスシーン」の本編映像が解禁された。

児童相談所に勤める平凡な女性が、一晩で怒涛の不幸にあい、すべてを失ってしまう。人生を諦めようとしていた彼女だったが、8歳の娘を男手ひとつで育てる開業医と出会い、優しく、裕福で、王子様のような彼に惹かれていく。彼の娘とも仲良くなり、プロポーズを受け入れ、不幸のどん底から一気に幸せの頂点へ駆け上がる!まさにシンデレラとなった彼女は、夫と娘と共に幸せな家庭を築いていこうと決意し、新婚生活を始めるのだが、その先には想像もできない毎日が待っていた・・・。

到着した映像は、「ねぇ信じられる!?僕たちもう家族だよ!」という大悟(田中圭)の喜び溢れるセリフで始まる。運命の出会いを果たし、家族となった小春(土屋太鳳)と大悟、そして大悟の連れ子ヒカリ(COCO)が、婚姻届を出した後、そんな幸せの絶頂で、体が勝手に踊り出すのがこのシーンだ。海沿いの公園を縦横無尽に駆け巡り、見ているこちらも知らぬ間に笑みがこぼれてしまうほど3人とも幸せそうな表情を浮かべている!まるでミュージカル映画のような多幸感溢れるシーンである。

『哀愁しんでれら』ダンスシーン映像

ダンスに関しては、「僕、踊れないですから!」と宣言していた田中圭。振付師が作った振り付けをバレエ経験者の土屋太鳳が主に踊り、田中圭は一緒に駆けたりターンをしたりホールドしたりすることでこのシーンはできあがった。ワンカットでの撮影だったため、現場に音楽を流しながら、何回か本番を重ねたが、途中でミスをしてしまいなかなかOKテイクが出なかった。次第に日が傾きかけ、雲が絶妙な様相に。「空がすごい!」「撮ろう撮ろう!」と盛り上がって挑んだところ、神々しさすら感じられる風景の中で、ノーミスで踊りきることができた。なお、大悟とヒカリの可愛いキスも、この回で飛び出したアドリブである。


2021年2月5日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン(池袋)/ユーカリが丘/土浦/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/エミフルMASAKI/北島/姶良

©2021 『哀愁しんでれら』製作委員会

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら