ニュース
2020/12/30

【映画新着情報】『さんかく窓の外側は夜』岡田将生・志尊淳・平手友梨奈・滝藤賢一、見所を語る特別映像解禁!

『さんかく窓の外側は夜』より、監督の森ガキ侑大自ら演出した、岡田将生・志尊淳・平手友梨奈・滝藤賢一ら豪華キャストが本作の見所を語る、特別映像が解禁された。

本作は、霊が<祓える男>冷川と、<視える男>三角の二人が 、“除霊”という特殊能力を使い、未解決事件に挑む、除霊ミステリーエンターテイメント。今回解禁された特別映像は、出演キャストが本作の見所を本編映像を交えながら語っているもの。除霊・ミステリーという切り口だけではない、本作に込められた真のメッセージや、感じて欲しいポイントについて、一切台本はなく出演キャスト自らの言葉で語られ、撮影された。演出は、本作の監督である森ガキ侑大。


霊が祓える男・冷川を演じた岡田は、「この時期、言葉の痛さを感じることが多かったので、人と人の繋がりであったり、温かさをより一層感じられる映画になっているんじゃないかと思っています」と見所を語り、本作は人との繋がりが希薄になりつつある今だからこそ、観るべき映画に仕上がっていることを伝えている。

霊が視える男・三角役の志尊は、「リアルっぽい世界観の中で、さんかく窓の世界観が表れる素敵な作品になっていると思うので、怖いなって思って観ない人がいるなら、本当に損してると思う」と意気込みを語る。

呪いを操る女子高生・英莉可役の平手は、「人間関係の事とか、自分も見ていてグッとくるものがあったりするので、その部分を楽しみにしていただけたら嬉しい」と自身の共感ポイントを明かすと、超リアリストな刑事・半澤を演じた滝藤は、「人の心の中に入り込んで、崩壊させることができるという怖さがありますよね、人間って」と、言葉は簡単に武器になり得るという本作の核心に触れた。

『さんかく窓の外側は夜』特別映像<メッセージ編>

2021年1月22日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン(池袋)/平和島/ユーカリが丘/土浦/沼津/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/重信/エミフルMASAKI/北島/姶良

©2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら