ニュース
2021/4/28

【映画新着情報】地上最強の戦士VS魔界の刺客!デスバトルアクション開幕!!『モータルコンバット』本ポスター&本予告映像解禁!

社会現象を巻き起こし、世界で最も売れた格闘ゲームの一つ「モータルコンバット」。激しすぎるバトルと相手にトドメを刺すシリーズ定番描写である“フェイタリティ”の残虐さを理由に、日本では現在未発売となっているゲームシリーズが、唯一無二のデスバトルアクション映画としてついに日本上陸!

解禁された映像は、氷を操る最強の刺客であるサブ・ゼロ(ジョー・タスリム)と、伝説の忍者で歴代最強の戦士であるハサシ・ハンゾウ、別名スコーピオン(真田広之)との凄惨なバトルの幕が切って落とされるところから始まる。映画オリジナルキャラクターであり総合格闘技の選手であるコール・ヤング(ルイス・タン)は、米軍特殊部隊所属の女性戦士であるソニア・ブレイド(ジェシカ・マクナミー)と出会い、太古より繰り広げられてきた世界の命運を懸けた格闘トーナメント“モータルコンバット”の存在を知る。そして、自らが魔界の敵たちと戦うために選ばれた戦士であることを知り、胸にあるドラゴンの形をしたアザがコール自身の生い立ちと重要な因果関係があることが告げられる。さらには、命を狙う黒装束の暗殺者を超絶アクションで返り討ちにするハンゾウの姿も確認できる。今回、ハサシ・ハンゾウ/スコーピオンの一人二役を演じる真田広之の切れ味抜群のスタイリッシュアクションにも注目してほしい。映像の後半では、「殺せ!」と言い放つ魔界の皇帝であるシャン・ツン(チン・ハン)の姿や、奥義を極め炎を操るリュウ・カン(ルディ・リン)など、「モータルコンバット」シリーズお馴染みのキャラクターが続々登場!映像の最後は、残酷無慈悲な殺戮マシンであるサブ・ゼロをスコーピオンが迎え撃つ―。[禁断の死闘]の先に待ち受ける展開とは?「モータルコンバット」シリーズの見どころとなる醍醐味が凝縮された内容に期待が高まるばかりだ!

映画『モータルコンバット』60秒予告

さらに、【急告‼】本日21時には、モータルコンバットの真骨頂であり、モータルコンバットが最狂の格闘ゲームであるとされる由縁である激しいトドメ描写“フェイタリティ”炸裂のレッドバンド版予告(過激な暴力表現や言葉使いが含まれた予告)もWEB限定で解禁される予定だ!本予告を観た上で是非期待してほしい。今夜、全員GET OVER HERE‼


今回あわせて解禁となった日本版ポスタービジュアルでは、スコーピオン(真田広之)とサブ・ゼロが背中合わせの構図が印象的だ。そして、地球の守護者であり指南役であるライデン(浅野忠信)の姿や映画オリジナルキャラクターであるコール・ヤング(ルイス・タン)、改造された腕を持つ米軍特殊部隊少佐のジャックス(メッカド・ブルックス)、同じく米軍特殊部隊の女性戦士であるソニア・ブレイド(ジェシカ・マクナミー)、犯罪組織の傭兵であるカノウ(ジョシュ・ローソン)、炎を操るリュウ・カン(ルディ・リン)、鋼鉄の帽子で敵を切り裂くクン・ラオ(マックス・ファン)、魔界の皇帝シャン・ツン(チン・ハン)、その部下のミレーナ(シシィ・ストリンガー)といったお馴染みのキャラクターがそろい踏み! 我らが日本人キャストの活躍とハリウッドが本気で描く禁断の“フェイタリティ”、映画『モータルコンバット』の続報に是非ご期待いただきたい。

6月18日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン池袋/平和島/土浦/ららぽーと沼津/大和郡山/下関/衣山/エミフルMASAKI/北島/姶良

※グランドシネマサンシャイン池袋、シネマサンシャイン平和島は、緊急事態宣言を受けて5/11(火)まで休館。

©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら