ニュース
2021/5/12

【映画新着情報】残虐で禁断のフェイタリティも圧倒的再現!モータルコンバットに挑む戦士たちの場面写真一挙解禁!

社会現象を巻き起こし、世界で最も売れた格闘ゲームの一つ「モータルコンバット」。激しすぎるバトルと相手にトドメを刺すシリーズ定番描写である“フェイタリティ”の残虐さを理由に、日本では現在未発売となっているゲームシリーズが、唯一無二のデスバトルアクション映画としてついに日本上陸する。6月18日(金)公開『モータルコンバット』より、自らのプライドと世界の命運を懸けた戦い“モータルコンバット”に挑む地上最強の猛者たちの場面写真が到着した。

先日、日本公開決定のニュースが発表されるとSNS上では「日本で公開されるぞお!!滅茶苦茶楽しみなんだけど」、「モータルコンバット、R15指定をくらう。ということはあのフェイタリティを派手にやってくれてるってわけだ!!」というコメントが溢れるほど話題騒然となっている本作。映画、テレビ、格闘技と様々な分野で活躍する世界各国のキャスト達たちの凄まじいアクションと見事なキャラクター再現度に加えて、ハリウッドの精鋭たちが作り上げた圧倒的な“フェイタリティ”描写も相まって、早くも6月の公開に期待が高まる。


今回解禁となった場面写真では、同ゲームシリーズで最も象徴的なキャラクターである“ハサシ・ハンゾウ/スコーピオン”(真田広之)が因縁の敵である“ビ・ハン/サブ・ゼロ”と激しい戦いを繰り広げる場面を切り取ったものから、炎を纏っている写真や凄惨なフェイタリティを決めてきた武器・スピアを操っている姿に加えて、地球上の戦士たちの指南役である“ライデン”(浅野忠信)が魔界の刺客と対峙するシーンを収めた一枚が解禁。


さらに、胸にドラゴンの形をしたアザを持ち、自身の生い立ちを知らない総合格闘技の選手である“コール・ヤング”(ルイス・タン)や犯罪組織の傭兵である“カノウ”(ジョシュ・ローソン)、改造された両腕を持つ米軍特別部隊少佐の“ジャックス”(メッカド・ブルックス)が魔界の刺客を力で圧倒する場面や、“モータルコンバット”についてジャックスと共に調査をしている米軍特別部隊所属の女性戦士である“ソニア・ブレイド”(ジェシカ・マクナミー)が華麗な体術でカノウを押さえつけているカットも公開。ライデンのもとで修練を積んだ地上最強の戦士の一人である“リュウ・カン”(ルディ・リン)と“クン・ラオ”(マックス・ファン)の名コンビも捉えております。そして、スコーピオンとも因縁深く、氷を操る最強の刺客である“ビ・ハン/サブ・ゼロ(ジョー・タスリム)の姿も披露された。






6月18日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン池袋/平和島/土浦/ららぽーと沼津/大和郡山/下関/衣山/エミフルMASAKI/北島/姶良

※グランドシネマサンシャイン池袋、シネマサンシャイン平和島は、緊急事態宣言を受けて当面の間休館。

©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら