ニュース
2021/5/21

【映画新着情報】『るろうに剣心 最終章 The Final』撮影の日々を綴ったメイキング映像【Road To Kenshin~スペシャルエディション~】が完成!

10年の積み重ねを凝縮し、キャスト・スタッフが一丸となり制作された「るろうに剣心 最終章」より、『The Final』撮影の日々を綴ったメイキング映像が到着した。

2019年6月まで約7ヶ月以上に渡り、京都・奈良・滋賀・三重・ 兵庫・熊本・広島・栃木・埼玉・静岡など 全国43ヶ所という大規模ロケを敢行し2作連続で撮影された本作。その中で、佐藤健を中心としたキャストたちがこれまでの10年の積み重ねを凝縮させて完成したメイキング映像<Road To Kenshin>(佐藤健公式You Tubeチャンネルで配信中)。その『The Final』の撮影の日々をまとめたメイキング映像【『るろうに剣心 最終章 The Final』 Road To Kenshin~スペシャルエディション~】が公開となった。


2018年11月、シリーズお馴染みの赤べこでの撮影からクランクインとなった神谷道場メンバー。完結編の撮影は和やかなシーンから撮影がスタート。『The Final』について、「これまでで一番難しい撮影になる」と語っていた佐藤は撮影の2ヶ月前からトレーニングを開始。前作から5年の歳月が空いた本作の撮影だったが、トレーニングを経て、徐々に佐藤の体に緋村剣心が呼び起こされていく。佐藤が今回、凝縮された中にでも一番凄いと感じてもらえる、そして精錬されたものだけを濃縮した見たことがないようなアクションという、過去最高のものを作り上げようと挑んだアクションシーンの撮影。その想いに呼応するように監督も最高のアクションシーンを実現するために邦画史上最大のスケールの舞台を用意。現場では細かいところにもこだわりを見せながら1カット1カット撮影は進んでいった。


佐藤の魂のアクションにアクション監督の谷垣健治率いるアクションチームからも驚きの声が上がる場面も。そして、本作で剣心の前に立ちはだかるシリーズ最恐の敵・雪代縁役の新田真剣佑もクランクイン。当初、自身の縁が想像できなかったと語る新田に対して、佐藤は期待を裏切らない存在感を現場で感じていたと語り、圧倒的に作り込まれた縁のクオリティには映画を鑑賞した人たちからも絶賛の声が上がっている。

『The Final』Road To Kenshin ~スペシャルエディション~

るろうに剣心オールスターズも撮影に合流し、撮影の日々がより濃密になっていく。撮影中盤の縁軍が東京を襲撃するシーンでは、実際に櫓を爆破するなど本物に拘り、さらに500本以上のプロパンガスを使用するなど規格外のセットで撮影され、過去のシリーズでも披露された剣心の屋根走りや代名詞でもあるドリフトシーンは、佐藤をはじめ、スタッフ全員が一丸となって挑み本作ではさらにアップグレードさせている。そんな全力で挑んでいる撮影中にも、佐藤はクライマックスに向けた多数の敵を相手にするシーンのトレーニングも実施。その中で佐藤が自ら出したアクションのアイデアは実際に本編に採用された。そして、現場にいたくてしょうがない、幸せの日々だったと語るアクションシーンの撮影はついにクライマックスへ。数々のアクションシーンをこなしてきた佐藤をもってしても、手数が多すぎると話す、剣心VS縁のラストバトル。体が悲鳴を上げながら作り上げられていったその本当の最後のアクションシーンは、シリーズ屈指の名シーンとなった。


こうして完成した完結編『The Final』。キャスト・スタッフ全員がシリーズの集大成として前作を超えるエネルギーで真正面から本気で挑み、シリーズ完結編の名に相応しい究極のアクション感動超大作が完成。公開されてからもそのアクションシーンのクオリティに絶賛の声が上がっている。

The Final公開中

The Beginning6月4日(金)2部作連続ロードショー

公開劇場:グランドシネマサンシャイン池袋/平和島/ユーカリが丘/土浦/沼津/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/重信/エミフルMASAKI/北島/姶良

※グランドシネマサンシャイン池袋、シネマサンシャイン平和島は、緊急事態宣言を受けて当面の間休館。

Ⓒ和月伸宏/ 集英社 Ⓒ2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final」製作委員会

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら