ニュース
2021/5/21

【映画新着情報】細田作品のトレードマーク“入道雲が浮かぶ青空”から一転…!?『竜とそばかすの姫』新ビジュアル解禁!日本屈指のクリエイター陣も大集結!

アニメーション映画監督・細田守最新作『竜とそばかすの姫』より新ビジュアルが解禁、さらに、本作には日本屈指のクリエイター陣が大集結していることも発表された。

『時をかける少女』(2006)、『サマーウォーズ』(2009)、『おおかみこどもの雨と雪』(2012)、『バケモノの子』(2015)、そして、『未来のミライ』(2018)。過去作すべてが日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、『未来のミライ』ではアニー賞受賞に米国アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートと、日本のみならず世界中の観客を魅了し続けてきたアニメーション映画監督・細田守。

本作では、かつて『サマーウォーズ』で描いたインターネット世界を舞台に、『時をかける少女』以来となる10代の女子高校生をヒロインに迎えた。そこで紡ぎ出すのは、母親の死により心に大きな傷を抱えた主人公が、もうひとつの現実“と呼ばれる50億人が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>で大切な存在を見つけ、悩み葛藤しながらも懸命に未来へ歩いていこうとする勇気と希望の物語。現実世界と仮想世界。2つの世界、2つのアニメーション。細田作品ならではのリアル×ファンタジーの絶妙なマリアージュと、かつてない圧倒的スケールの物語を実現させるため、スタッフキャストチームには、役者、音楽、デザイン、アニメーション、CGなど各ジャンルから多様性溢れる才能が集結している。

★≪歌姫ベル≫と≪竜≫の姿が描かれた新鮮なビジュアルが解禁!

これまで、主人公が少しずつ成長する様子と入道雲の雄大な姿を重ね合わせることで「夏休みに冒険をして、一皮むけ、成長する」というテーマを象徴的に表現してきた細田監督。それを表すように、歴代ポスターにも欠かさず、入道雲が描かれてきました。しかし、今回は入道雲が浮かぶ青空から一転、澄み渡るような満点の星空の元、見つめあう<U>の歌姫・ベルと竜がロマンティックに描かれたビジュアルが完成した。


★世界のクリエイターだけじゃない!日本屈指のクリエイターたちも集結!

先日、『ウルフウォーカー』含め、5本のアカデミー賞ノミネート作品を誕生させてきたアイルランドのアニメーションスタジオ、カートゥーン・サルーンや、ロンドン在住の新進気鋭のイギリス人建築家/デザイナー、エリック・ウォン氏の今作への参加、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオで『アナと雪の女王』をはじめ数々のキャラクターデザインを生み出したジン・キム氏が歌姫・ベルのキャラクターデザインを担当することが発表され、大きな話題となった。しかし、世界のクリエイターだけではなく、今作には日本屈指のクリエイターたちも集結している。


今回、<U>の世界でみんなから恐れられ、忌み嫌われている竜のデザインを手掛けたのは、書籍の装画なども手がけ、緻密で幻想的な世界観で多くのファンを持つ秋屋蜻一(あきや・かげいち)。数あるデザイナーの中から、細田監督が「この人が描く竜が良い!」と直々に選んだ新しい才能で、今回、その竜のキャラクターデザインも解禁。一度見たら忘れられない繊細で美しく描かれた竜が、<U>の中でどのような姿で動いているのか…完成に期待が高まる。


さらに、東映動画所属時代に細田監督の師匠であり、『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』以降、細田作品のメインスタッフとしてすべての作品に参加している山下高明(やました・たかあき)が、<U>の世界の作画監督を担当するほか、同じく、ほぼすべての細田作品に原画や作画で携わっており、1997年にはエミー賞アニメーション部門の「優れたアニメーション演技賞」も受賞した経歴を持つ青山浩行(あおやま・ひろゆき)が、現実世界の作画監督とキャラクターデザインを担当。長年、細田監督と共に良質な作品を世に送り続けてきた二人が、今作でも腕を奮う。


また、『千年女優』『東京ゴットファーザーズ』『パプリカ』などの代表作をもつ今敏監督の全作品で美術監督を担当し、数多くのイマジネーションと現実が融合した世界を描いてきた池信孝(いけ・のぶたか)が、美術監督を担当。『ALWAYS 三丁目の夕日』で第29回日本アカデミー賞最優秀美術賞を受賞し、『サマーウォーズ』でインターネット上の仮想世界<OZ>の美術デザインを担当した上條安里(じょうじょう・あんり)が、美術設定(プロダクションデザイン)を担い、およそ10年ぶりとなるインターネット世界を舞台にした今作でも、圧倒的な世界観を描く。


加えて、『サマーウォーズ』で、<OZ>の世界とアバターのCGを制作指揮した堀部亮(ほりべ・りょう)が、『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』に続き、今作でもCGディレクターを担当するほか、同じく『サマーウォーズ』でCGを担当した下澤洋平(しもざわ・ようへい)が堀部氏と共にCGディレクターとして名を連ねる。細田監督作品の特徴でもある手書きとデジタルのハイブリッドな表現を支えてきた二人の高いCG技術が、本作でも遺憾なく発揮される。


そして、本日5月21日(金)よりムビチケ前売券(オンライン)の販売もスタート!ムビチケ購入者限定で、映画公開前から本作をより深く楽しめるキャンペーンが始まる。映画の制作過程で作られた画像や動画をいち早く閲覧したり、限定SNS企画に参加できたりなど、様々な特典が用意されている。

7月16日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン池袋/平和島/ユーカリが丘/土浦/沼津/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/重信/エミフルMASAKI/北島/姶良

※グランドシネマサンシャイン池袋、シネマサンシャイン平和島は、緊急事態宣言を受けて当面の間休館。

©2021 スタジオ地図

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら