ニュース
2021/5/27

【映画新着情報】アカデミー賞(R)最有力!ロッテン・トマト驚異の98%『イン・ザ・ハイツ』日本版予告&ビジュアル解禁!

作品賞含むトニー賞4冠、グラミー賞に輝く、傑作ブロードウェイ・ミュージカルを映画化する『イン・ザ・ハイツ』より、日本版予告映像と日本版ビジュアルが解禁された。

予告映像は、主人公ウスナビ(アンソニー・ラモス)が回想するシーンからスタート。「昔々、ここから離れたニューヨークにワシントンハイツという場所があった」と語り、拳でリズムをとると、歌とダンスであふれたワシントンハイツでの日常が展開される。ミュージカル作品というと物語が歌で進行するが、その歌の一つにラップが使用されていることが印象的だ。原作は保守的なブロードウェイで初めて本格的にラップを持ち込み評価されたミュージカル。映画版でもパワフルなラップソングを堪能できそうだ。また予告の後半には、重力に逆らい、建物の外壁で垂直に踊るアッと驚くシーンや、人々が一斉にプールや路上で踊る躍動感あふれる群舞シーンなど、圧巻のパフォーマンスがふんだんに盛り込まれている。往年のミュージカル映画の名作にも引けを取らない映像美に早くも期待に胸が高鳴る。

さらに、楽曲の歌詞には「どんな時も僕らは立ち上がる。自分だけの夢を追い続けろ」など、力強いメッセージが込められており、エモーショナルな作品に仕上がっていることが伺える。閉塞感漂う今だからこそ響くエネルギーに満ち溢れていそうだ。

『イン・ザ・ハイツ』予告編

併せて解禁となった日本版ビジュアルは、街のシンボルであるジョージ・ワシントン・ブリッジを背景に、主役4人の踊る姿が描かれている。


ウスナビとヴァネッサ(メリッサ・バレラ)、ベニー(コーリー・ホーキンズ)とニーナ(レスリー・グレース)がそれぞれ手を取り合っており、予告編ではウスナビが意中のヴァネッサに声をかけるも玉砕する様子が収められていたが、劇中の恋模様も想像させるビジュアルとなっている。4人を囲む人々も疾走感のある様子で切り取られており、作品のはつらつとした雰囲気がよく伝わってくるダイナミックなビジュアルに仕上がった。

さらに、日本でも本作をいち早く鑑賞した映画評論家や演劇ライターなどから下記のコメントが到着!

<以下コメント>

◆渡辺祥子(映画評論家)

ラテンの血がたぎる熱気に煽られ、圧倒的興奮に夢中になった。

ここにはNYに生きるヒスパニック系の人々のこみあげる思いがダンスと音楽になって噴出している。

◆大原薫(演劇ライター)

ミュージカルの聖地ブロードウェイで観た『イン・ザ・ハイツ』は熱く燃えていた。映画はさらにホット! 

ラテン・ラップ・バラード……、あらゆる音楽とリズムが渦巻き、アメリカの「今」を映し出す。「大切なHOMEで夢を追いかけよう」と心に明かりが灯った。

◆立田敦子(映画ジャーナリスト)

ラテン・サウンドってなんでこんなに人を元気にするのだろう?

夢と仲間がいれば、人生はどうにかなる。そう信じさせてくれるエンパワーメント・ムービー!

◆稲垣貴俊(ライター)

こんなミュージカル映画を待っていた!

ラテンのリズムに身体が揺れ、圧倒的な歌とダンスに心ふるえる、王道の魅力と現代のスピード感が融合した傑作。

彼らの夢と青春は、厳しい日常の中で希望を求める“今”の世界に深く刺さるはず。

7月30日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋

※グランドシネマサンシャイン 池袋、シネマサンシャイン平和島は、緊急事態宣言を受けて当面の間休館。

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら