ニュース
2021/9/16

【映画新着情報】ティモシー・シャラメら豪華キャストが語る!『DUNE/デューン砂の惑星』本編映像、メイキング映像を交えた特別映像解禁!

2021年最大の超大作である『DUNE/デューン 砂の惑星』より、初公開となる本編映像、メイキング映像、監督・キャストのインタビューを交えた特別映像が到着した。

本作は“未来が視える”能力を持つ青年、ポール・アトレイデス(ティモシー・シャラメ)が主人公の物語。この惑星を制するものが全宇宙を制すると言われる、過酷な“砂の惑星デューン”への移住を機にアトレイデス家と宇宙支配を狙う宿敵ハルコンネン家の壮絶な戦いが勃発。父を殺され、復讐そして全宇宙の平和のために、巨大なサンドワームが襲い来るその星で“命を狙われるひとりの青年”ポールが立ち上がる―。


★世界の映画祭を席巻!鳴り止まない絶賛の嵐が伝説のはじまりを予感させる!

世界中での公開を前に一足先に上映された、ヴェネチア国際映画祭、トロント国際映画祭では、「映画館でしか味わうことの出来ない“映画の力“を再提示した作品だ」、「あの壮大なスケールとスペクタクルのなかに没入した体験が最高だった─映画が帰ってきた!!」、「圧倒された!どのキャストも存在感があり、アクション、映像、音楽すべてが素晴らしかった!どうかこの体験はIMAX で味わって欲しい。後悔しないと約束する」等、大絶賛の声があがり、『ノマドランド』でアカデミー賞を席巻したことも記憶に新しい、クロエ・ジャオ監督も本作について「この映画体験にただただ圧倒されました」とコメントするなど、本作の持つ“映画体験”としての力を改めて示した。

海外の権威あるメディアも“大迫力のスペクタクルーー息をのむほど美しく鮮やかで、恐ろしいほど緻密な未来を目の当たりにした“(Los Angeles Times)、 “ドゥニ・ヴィルヌーヴのDUNEは体験そのものも、映像も、音も、プロダクトデザインもすべてが最高だった“(USA Today)、“想像しうる最大限のスケールで贈るスペクタクル・アドベンチャー”“映画館に戻る理由があるとしたらこの映画だ“(Vogue)と力強い評を寄せ、その興奮は観客、メディアともに高く、世界中を巻き込んで新たなる映画体験が衝撃を与えている。


★ティモシー・シャラメも出演を懇願!明かされる『DUNE/デューン 砂の惑星』誕生秘話

インタビューでは主人公ポール・アトレイデスを演じたティモシー・シャラメを筆頭に、ゼンデイヤ、ジェイソン・モモア、オスカー・アイザック、レベッカ・ファーガソン、ジョシュ・ブローリン、ハビエル・バルデム、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督といったハリウッドを代表する面々が、出演の経緯、ストーリーや設定、自身が演じたキャラクターやその背景について余すところなく語っている。中でもティモシー・シャラメは出演の経緯について「どうしても出演させて欲しいと懇願したよ」と、並々ならぬ決意でこの作品に挑んだことを明かしている。

『DUNE/デューン 砂の惑星』特別映像(キャラクター編)

初公開となる本編映像、メイキング映像からも、本作の壮大なスケール感、リアルにこだわるドゥニ・ヴィルヌーヴ監督らしく砂漠の過酷な環境での撮影の様子などが伺え、本作が単純なハリウッド超大作の域を超える作品であることを予感させる内容となっている。

ポールを中心にアトレイデス家、宿敵ハルコンネン家、砂の惑星“デューン”の自由民フレメンのキャラクターたちがどのように絡み合っていくのか!?ポールに託された全宇宙の運命はどうなってしまうのか!?世界中からの熱い期待が注がれている。


10月15日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/平和島/土浦/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/エミフルMASAKI/北島/姶良

©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら