ニュース
2021/10/19

【映画新着情報】『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』松本潤×香川照之×杉咲花が初めて揃う撮影の現場レポート&3人の掛け合いに期待が膨らむ3ショット新場面写真解禁!

TBSテレビで2016年、2018年に日曜劇場で放送され、熱烈な支持を集めた松本潤主演の「99.9-刑事専門弁護士-」が待望の映画化!『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』が、12月30日(木)に全国公開となる。

今回解禁となった現場レポートは、主人公・深山大翔を演じる松本潤にとっては映画『99.9』の撮影初日となる、ドラマでもおなじみ「斑目法律事務所」のシーン。深山のトレードマークの青いスーツ姿で現れると、あたりを見回して「懐かしい!」と言いながら爽やかな笑顔を見せる。座長の明るい表情に、現場の士気も自然と上がっていく。

この日は松本と香川、そして新ヒロイン・河野穂乃果役の杉咲花が初めて揃う、重要な1日だ。本作で松本と初共演となる杉咲は、もともとドラマ『99.9』が好きで、現場に参加してみたいという思いがあったとか。香川とは親子役で過去に共演経験があり、今回は約6年ぶりの共演となる。「成長したなぁ」と目を細める香川に、「またご一緒できるのがすごく嬉しい」と杉咲。「初めての現場に飛び込む際に、香川さんがいらっしゃることで、ものすごく安心感がありました」と言うように、早速現場に馴染んでいる様子だ。

まずはこの日の撮影シーンのリハーサルが始まる。『99.9』の現場には毎回、台本以外に “割本”が用意されている。これは、監督がこれまでの撮影の状況やキャスト陣からの意見も参考にしつつ、カット割りや追加セリフを書き込んだ台本から、その日の撮影部分のみをコピーしてまとめた小冊子。撮影前に用意された台本から登場人物のやりとりが増えていたり、小ネタやギャグ、ストーリーをより伝わりやすくするためのセリフなどが加わっている。そこからさらにキャスト陣がセリフを膨らませ、時にはアドリブを交えながら、生き生きとテンポの良い掛け合いを繰り広げていく。「(役者に)いかに気持ちよく演じてもらうかが大事」という木村監督は演出をつけつつ、キャスト陣の演技を楽しみ、アイディアもどんどん採用。適宜アレンジも加えたりと柔軟にタクトを振りながら、あの『99.9』の世界観を作り出していく。

ほどよい緊張感の中、迎えた本番では、どのテイクでも深山と佐田、そして穂乃果も加わった3人の息の合った掛け合いが、監督のカットの声がかかるまでどこまでも続く。テイクごとに少し芝居が違ったり、セリフの言い回しが違ったりするが、どれも勢いがあり面白い。どのテイクのどの部分をどこまで使うのか、監督や編集スタッフの腕の見せ所となるが、木村監督は「うまくつながるか不安はありますけど(笑)。でもいつもなんとかなっているから」と演技に制限をかけたりはしない。アイディアやアドリブが存分に活かされる現場で、当然のごとく役者陣のモチベーションも高い。

撮影の合間には松本がスタッフに声をかける姿も。松本はドラマからのスタッフはもちろん、新たに参加するスタッフの名前もすべて把握済み。作品に関わっている人たちを、スタッフ・キャストの枠を超えて、チーム『99.9』のメンバーとして大切に思っているのだろう。

「このチームで作品を作れることがすごく嬉しい」と語る頼れる座長のもと、一致団結したチームが生み出す極上のエンターテインメント『99.9』。スクリーンでぜひ目撃してほしい。

さらに今回解禁となった場面写真は、そんな息の合った掛け合いを見せる松本×香川×杉咲3人の斑目法律事務所でのシーン。


なにやらもの言いたげに書類を所長の佐田に見せる深山と、その書類を見て少し怪訝な顔をしている佐田、深山の様子をそっと伺う穂乃果の様子が収められている。シリーズお馴染みの深山と佐田の掛け合いはもちろん、穂乃果が加わることでどのような化学反応が待ち受けるのか期待が高まる写真となっている。

12月30日(木)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/平和島/ユーカリが丘/土浦/沼津/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/重信/エミフルMASAKI/北島/姶良

©2021『99.9-THE MOVIE』製作委員会

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら