ニュース
2021/11/5

【映画新着情報】ジェームズ・ワン監督が放つ新たなホラー・アイコン“ガブリエル”の正体とは!?『マリグナント 狂暴な悪夢』最終予告映像が解禁!

“ホラー界の異才”ジェームズ・ワンが作り上げた、極上の完全オリジナル作品にしてジャンル分け不可能な“恐怖の最終進化形”『マリグナント 狂暴な悪夢』の最終予告映像が解禁となった。

『死霊館』ユニバース、『ソウ』シリーズの生みの親で、『インシディアス』シリーズなど数々の傑作ホラーを手掛けるなど、誰もが潜在的に恐れている日常的な“恐怖”を増幅させながら、ホラーの定石をことごとく覆すことで全世界を震え上がらせてきたジェームズ・ワン監督。予想できない驚きと、未知の恐怖が記憶に残り続ける数々の傑作ホラーを生み出してきた監督は、ホラー映画で培った抜群のカメラワークと圧倒的なスピードと迫力で『ワイルド・スピード SKY MISSION』ではシリーズ史上最高興行収入を記録。『アクアマン』では世界中で大ヒットを記録と今や映画界の大ヒットメーカーになったジェームズ・ワン監督が自ら書き下ろした待望の完全オリジナルストーリー『マリグナント 狂暴な悪夢』が、満を持して公開される。


解禁となった映像は、「マディソン9歳の誕生日」と一見幸せそうな家庭の誕生日パーティーを映した思い出ビデオを再生する場面から始まる。そのビデオには、誰にも姿は見えないが「誰か」と会話する当時9歳のマディソンの姿が。母が誰と話しているのか尋ねると、彼女は「ガブリエル」と答える。幼い頃に何かが起こったのではないかと当時の自分について尋ねるマディソンに、母は「あなたはすごく傷ついていた。その痛みを癒やすために彼を創り上げたのね」と告げ、恐ろしい悪夢体験で見た漆黒の殺人鬼が、幼い頃の“空想上のお友達・ガブリエル”だったことを知る。幼い頃の記憶を蘇らせ“ガブリエル”の謎を紐解こうとするマディソンは、催眠療法を試みるが、「そこにいる」「私のすぐそばにいる」と現実と悪夢の境界線の中で“ガブリエル”の行動は次第にエスカレートしていく。果たして、“G=ガブリエル”の正体とは?恐怖から熱狂へと変わる “新次元の恐怖”に期待が高まる映像に仕上がっている。

『マリグナント 狂暴な悪夢』最終予告

ジェームズ・ワンは本作について「今までにないジャンルの映画を作りたかった。絶対に今までと同じようなホラー作品にしたくないんだ」と語っており、『ソウ』シリーズに『死霊館』ユニバースといったホラー映画に加え、『ワイルド・スピード SKY MISSION』や『アクアマン』といったアクション映画での経験値を全て詰め込んだ集大成として、圧倒的なスピード感で観る者を翻弄する、ジャンル分け不可能な作品を本作で作り上げた。本作を”体験”した著名人から届いた、「あらゆるジャンルを全てぶち込んだ究極のカオスムービー(人間食べ食べカエル/人喰いツイッタラー)」や、「クラシックホラーの皮を被った化け物級の作品!(野水伊織/声優)」など、狂気に満ちた本作への激賞コメントを見てもわかる通り、普通ではない体験が待ち構えている。『マリグナント 狂暴な悪夢』はホラー映画なのか?サスペンス映画なのか?アクション映画なのか?この映画のジャンルを決めるのは、映画を観たあなた自身だ!


11月12日 (金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋

Ⓒ2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら