ニュース
2021/11/12

【映画新着情報】劇場用長編アニメーション『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』新作カットが含まれた追告PVを公開!

いよいよ本日から劇場公開がスタートした劇場用長編アニメーション『攻殻機動隊SAC_2045 持続可能戦争』より、新作カットが含まれた追告PVの映像が解禁された。

1989年に士郎正宗により発表された原作コミック『攻殻機動隊THE GHOST IN THE SHELL』を起源とし、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群が展開されている「攻殻機動隊」。シリーズ最新作『攻殻機動隊SAC_2045』は、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズの神山健治と、『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志が共同監督としてタッグを組み、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ほか『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズのオリジナルキャストが再集結。Production I.G ×SOLA DIGITAL ARTSにより制作され、2020年4月よりシーズン1全12話の全世界独占配信がNetflixにて開始。以来、その鮮烈なSFアクションと、時代を予見した独自の世界観により、新たなファンを獲得し続けている。


2022年に続編となるシーズン2の全世界配信が決定している本作のシーズン1が、新たなシーンの追加と全カットフルグレーディングにより、劇場用長編アニメーション『攻殻機動隊SAC_2045持続可能戦争』として新生。日本アカデミー賞6部門受賞の『新聞記者』や、『ヤクザと家族The Family』等、実写映画で活躍する藤井道人が監督として構成を手掛け、さらにシーズン1に続きmillennium paradeが本作の主題歌を担当。シーズン1のオープニングテーマでもある「Fly with me」のフルサイズを、今回の劇場版のためだけに新たなアトモスミックスを施している。

『攻殻機動隊SAC_2045 持続可能戦争追告PV

「公安9課VS ポスト・ヒューマン」のテロップとともに、本作で公安9課が立ち向かう人類の脅威となる存在、ポスト・ヒューマンにフォーカスした映像となっている。果たして彼らは何者なのか!?


11月12日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら