ニュース
2021/12/8

【映画新着情報】アメリカ、イギリス、ドイツ、コロンビア、中国、 各国を代表する、凄腕女性エージェントが世界を救う!?『355』日本公開&邦題決定!ビジュアル解禁!!

世界中を混乱に陥れる最新テクノロジーをめぐって、世界中の凄腕エージェントが集結し、過酷なミッションに挑むスパイ・アクション大作“355”が邦題『355』(スリー・ファイブ・ファイブ)に決定し、日本公開が2022年2月4日(金)に決定!ビジュアルも解禁された。

CIAのメイス(ジェシカ・チャステイン)、BND/ドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、MI6のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの諜報組織のグラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。秘密兵器を求め各国から5人の女性エージェントが集結、ライバル同士からチームとなりコードネーム「355」を結成する。それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていく。

本作は『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞にノミネートされたジェシカ・チャステイン、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴ、カンヌ映画祭での受賞歴のあるダイアン・クルーガーとペネロペ・クルス、そしてアジアを代表するファン・ビンビンら、現代を代表する実力派俳優たちがアメリカ、イギリスなどの各国エージェントを演じている。また監督には『X-MEN:ダーク・フェニックス』で初監督したサイモン・キンバーグ。豪華キャストの競演と誰が敵か味方かわからない、二転三転するストーリー展開に是非注目していただきたい。

さらに、今回解禁されたビジュアルは、ジェシカ・チャステインを中心に5人の実力派が並んでいて、その背景に各国エージェントの国旗が見える。まさしく『オーシャンズ11』のような、女性エージェントの精鋭たちが終結したと思わせるビジュアルとなっている。


また場面写真は、ジェシカ、ダイアン、ルピタの3人が銃を構えているところ。激しいアクションを想像させるビジュアルとなっている。


2022年2月4日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/平和島/ユーカリが丘/土浦/沼津/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/重信/エミフルMASAKI/北島/姶良

©2020 UNIVERSAL STUDIOS. ©355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら