ニュース
2021/12/15

【映画新着情報】『ただ悪より救いたまえ』より、「イカゲーム」とは真逆の役どころを演じるイ・ジョンジェのインタビューが到着!

韓国ノワールの傑作と語り継がれる『新しき世界』のコンビ、ファン・ジョンミン、イ・ジョンジェが7年ぶりの共演で話題を呼んでいる『ただ悪より救いたまえ』より、本日49歳の誕生日を迎えたイ・ジョンジェが自身の役どころや日本の撮影シーンなど本作について語ったインタビューが到着した。

本編の80%以上を日本やタイなど海外で撮影し、韓国ノワールとしてかつてないほどの規模で製作された本作は、新型コロナウイルス大流行後の韓国で、あの『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編『新感染半島 ファイナル・ステージ』をも超える動員を果たし大ヒットを記録した。主演を演じたイ・ジョンジェは本作で、Netflix史上最大のヒット作で日本でも大人気の「イカゲーム」とは真逆の役どころ、狂暴で無慈悲な殺し屋レイを演じる


レイのキャラクターについて「どう作り上げていけばいいかかなり悩みました。どんな生き方をしてきたのか、どんな性格なのか、そういったことを見た目でもある程度説明できるようにかなり工夫をしたつもりです。」と試行錯誤の上でレイが完成したことを明かした。主演のファン・ジョンミンとは「新しき世界」以来7年ぶりの共演となったが、ぴったりと息の合った演技をすることができたという。「言うまでもなく本当によく息が合いました。作品では7年ぶりにお会いしましたが、実は普段よく会う間柄です。」またロケ地で撮影時以外でも一緒に過ごしたことを明かしファン・ジョンミンとの仲の良さが窺える。「タイでの撮影の時にナイトマーケットに行ってみようと一緒に散歩がてら行ったことがありました。」続けて日本では「ファン・ジョンミンさんが連日美味しいお店に連れて行ってくれましたよ。」とお寿司や焼き肉を堪能したようだ。


また超話題作のNetflix「地獄が呼んでいる」に出演しているパク・ジョンミンについては「すごく美しく着飾ってくるのかなと思ったら、すごいお腹がでていて、しかもへそ出しのTシャツだったので(笑)。」と最初にユイの姿を見た時に驚いたことを話し、「でもユイというキャラクターがジョンミンさんによってとても人間的なキャラクターになったと思います。素晴らしかったです。」と褒めたたえた。日本パートで登場する白竜については「とても重みのあるセリフまわしで臨場感を出してくださった」と感謝している。ほかにもさまざまなエピソードを語り、ますます公開が楽しみになるインタビューとなっている。


さらに新しくメイキング写真が解禁。『哭声/コクソン』(16)『パラサイト 半地下の家族』(19)など数々の名作を担当してきた撮影監督のホン・ギョンピョ、タイの現地の俳優と写っており、良いシーンを撮り終えた後なのか素晴らしい笑顔を見せている。和やかな現場であったことが伝わってくる写真となっている。

そしてインナムとレイの対比がカッコイイ“生き残るのはどっちだ!”特製リバーシブルカードの入場者プレゼントが決定!!12月24日より公開する劇場限定でプレゼント!一部劇場のみ、数量限定で無くなり次第終了。



<インタビュー全文>

ファンジョンミンと7年ぶりの共演でしたがいかがでしたか?

言うまでもなく本当によく息が合いました。作品では7年ぶりにお会いしましたが、実は普段よく会う間柄です。『新しき世界』とはまた違った、追いつ追われつのキャラクターだったのでとても新鮮な感じがしました。最初にファン・ジョンミンさんがキャスティングされていて、そのあとに私にオファーがありシナリオが送られてきたんです。それでシナリオを読んでからジョンミン兄さんに電話をしました。

「ジョンミン兄さん、本当にこの役やる?」

「ああ、やるよ」

「じゃあ僕もやるよ」

と、言いました(笑)。


ファン・ジョンミンさんとは現場ではどのように過ごされていましたか?

現場ではお互いに役作りに集中していました。特にアクションの多い映画だったので、ホテルに戻ってからも各自アクションの練習に余念がありませんでした。そういえば一度タイでの撮影の時に撮影が終わってホテルで夕食を食べた後にナイトマーケットに行ってみようと一緒に散歩がてら行ったことがありました。


日本のお葬式でのレイの初登場シーンは非常にインパクトがありましたが、日本のロケ撮影はいかがでしたか?

私は実質3-4日くらいしか日本ロケには参加していないのですが、私よりも前に日本にすでに来ていたファン・ジョンミンさんが連日“食担当”のガイドさんみたいになってあちこち美味しいお店に連れて行ってくれましたよ。お寿司や焼き肉など事前リサーチがしっかりされていてとても美味しい思い出です!


今回は韓国・日本・タイと、3ヵ国で撮影が行われました。海外で撮影する上で大変だったことや、逆に良かった点等ありましたら教えてください。

まず韓国ではフェッチプ(刺身を出すお店)のシーンがあったのですが、夕日がとってもきれいで”韓国にもこんな場所があるのか“と思ったほどです。よくこんな場所を探してきたなぁと感心しました。

日本のロケでは、日本の伝統的な葬儀のセットで撮影をし、日本の建築物なども見物できました。東京での撮影では真横で赤い電車がずっと走行しているシーンがあったのですが、すごく異国的な感じを演出できてよかったと思いました。

タイは、『タイフーン/ TYPHOON』という映画で、昔撮影しに来たなと思い出しました。

タイは暑い国なので、今回レイの首にタトゥーが入っているのですがそのタトゥーが消えないかと心配をしてヘアメイクさんたちが工夫をしてどうにか消えないようにしてくださったんです。そのおかげでアクションをしていてもタトゥーが消えることもなく安心して撮影できたのを覚えています。幸い、冬であったこともあってそこまで暑さに苦しむといったこともありませんでした。


「イカゲーム」では少しさえない主人公を演じられており、日本では本作のレイとのギャップがすごいと話題になっておりますが、そういった雰囲気がまったく違うキャラクターを演じ分けるうえでの工夫や心がけていることなどあれば教えてください。

そうですね、私はその時やっている作品や前作とは全く違う、ジャンルや真逆の役をやってみたいと思う方で、今回の『ただ悪~』の前はすごく正義感に満ちた役をやっていたんです。その反動もあってレイというキャラクターを選んだという部分もあります。レイというキャラクターについてはどう作り上げていけばいいかかなり悩みました。どんな生き方をしてきたのか、どんな性格なのか、そういったことを見た目でもある程度説明できるようにかなり工夫をしたつもりです。物語の軸からぶれないようにしながらも、そういった要素を入れ込んでレイを完成させました。


ユイ役のパク・ジョンミンについて「演技の天才」と絶賛されていましたが、『サバハ』に続いての彼との共演はいかがでしたか。

実は、最初にこの役をパク・ジョンミンさんに提案するとなったとき、周りの人たちの間では“いやぁ、彼がこの役をやると思うか?”という反応が一番多かったんです。でも私はなぜかパク・ジョンミンさんがやると言う気がしたんですよね。これまでの作品でパク・ジョンミンさんが演じてきたキャラクターはどれもパク・ジョンミンさんでなければ成立しなかったと思うんです。今回もとても独特なキャラクターですし、パク・ジョンミンさんはユイというキャラクターに興味を抱いて挑戦したいと思うのではないかという気がしました。

最初にユイの姿で登場したジョンミンさんを見たときは驚きました。すごく美しく着飾ってくるのかなと思ったら、すごいお腹がでていて、しかもへそ出しのTシャツだったので(笑)。普通だったらそのお腹は隠したいと思うんじゃないかなと(笑)。

でもユイというキャラクターがジョンミンさんによってとても人間的なキャラクターになったと思います。素晴らしかったです。


「チェイサー」や「哀しき獣」など数々の作品を手がけてきたホン・ウォンチャン監督との仕事はいかがでしたか。

シナリオ作家として長らく活躍されていたこともあってか、セリフを現場で状況によって臨機応変に対応することにとても長けています。そしてスタッフや役者を信頼して多くの部分を任せるというのがホン・ウォンチャン監督のスタイルだと思います。そしてスタッフ、俳優と監督で1カットごとにたくさん話合いをしながら撮影しましたね。


日本の俳優・白竜さんと共演されていかがでしたか?

白竜さんは、とても重みのあるセリフまわしで臨場感を出してくださったと思います。ありがたかったです。


12月24日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋

Ⓒ 2020 CJ ENM CORPORATION, HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら