ニュース
2021/12/20

【映画新着情報】全米No.1超特大ヒット!『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』全世界累計興行収入早くも669億円突破!

全世界待望のトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。


全世界的に大きな期待が寄せられている本作が現地時間12月17日(金)に全米4336館で公開され、週末3日間(12月17日~19日)で興行収入2億5300万ドル(約288億円)という驚異的な数字をたたき出し、全米オープニングNo.1となる超特大ヒットスタートとなった!この数字はコロナ禍における最大オープニング記録だけではなく、全米におけるオープニング興行成績として歴代3位、12月のオープニング興行成績の歴代1位、Sony Picturesのオープニング興行成績の歴代1位、全スパイダーマン映画のオープニング興行成績の歴代1位という映画界の歴史に残る記録となった。公開初日の12月17日金曜日の興行収入だけでも1億2185万ドル(約139億円)となった(木曜日のプレビュー上映含む)。

全米以外の海外でも60マーケットで公開スタートし、オープニング興行収入3億3420万ドル(約381億円)、全米および海外の成績を合計した全世界のオープニング累計興行収入は早くも5億8720万ドル(約669億円)を突破し、全世界オープニング興行成績においても歴代3位、Sony Picturesの全世界オープニング興行成績の歴代1位、という驚異的な記録を打ち立てた。(※12/20付Box Office MojoおよびDeadline調べ、1ドル=114円換算、12/20現在)

映画評論家による米レビューサイト「Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)」では評論家達からも「これは『スパイダーマン』へのラブレターだ!」、「MCU版スパイダーマンにおける最高傑作!」といった熱いレビューが続出し、Tomatometer(批評家スコア)では94%、Audience Score(観客スコア)では99%という高評価、さらには観客の出口調査「CinemaScore(シネマスコア)」でもA+という高評価を獲得している。(12月20日12時正午時点)

Sony Picturesの映画部門CEOのトム・ロスマンは「今の世の中が直面している様々な問題がある中、この週末の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の全世界での歴史的興行成績は、ビジョンと決意も持って作られそして宣伝された映画を、映画館で観るという経験のみがもたらすことのできる文化的影響の証です。Sony Picturesはこのような記念すべき作品を作ってくれた、カメラの前そして後ろにいた才能ある皆さまに深く感謝いたします。彼らの素晴らしい仕事のおかげでこのクリスマス、2021年の最も力強いスーパーヒーロー、親愛なる隣人のスパイダーマンを大画面で楽しむというプレゼントをみんながもらうことができました」と感謝を込めてコメントしている。

また、先日開催されたワールドプレミアで、マーベル・スタジオの社長で、本作の製作プロデューサーの一人でもあるケヴィン・ファイギが「こういう映画は観衆や観客と共にあるべきだ。この映画には多くのサプライズがある。みんなにはそれを一緒に体験してもらいたいと思っている」とその想いを語っていたほか、トム・ホランドも「まさにスペクタクルだ!映画というものに対するセレブレーションだよ。この作品は、3つの世代にわたる映画で、大きなスクリーンで見るべきものだ。ぜひ愛する人達や、大切な友人達と体験してほしい!」と語っていた。さらにトム・ホランドは全米公開初日に自身のInstagramで「ついにこの日が!映画と自分の人生をこんなにも素晴らしい仲間と分かち合うことができ、人生が大きく変わった。この映画は愛情が詰まっていて3世代の映画を祝ったもの。夢が実現した。数年間に渡りみんなからもらった愛とサポートに深く感謝。心の底からありがとう、愛してる。映画を楽しんで。 P.S.ティッシュを忘れずに!」と投稿し、共演者をはじめ多くの人が反応を寄せている。

本作の第一弾予告編は、<公開後24時間の視聴数>が全世界で3億5550万回を記録し、これまでの映画作品の中で最も視聴された予告編となった。さらに、先日解禁された最新版の予告映像でも瞬く間に世界中のトレンドを席巻!アメリカでは前売券の発売初日の成績が『アベンジャーズ/エンドゲーム』超え、日本でも劇場前売券の発売日から3日間の売れ行きが、驚異の前作対比376%のシリーズ最高記録を更新。全世界でのビッグヒットとともに、いよいよ日本でも「スパイダーマン」旋風を巻き起こす!

ついにマルチバースの扉が開いたことにより”彼らの存在がこのユニバースを危うくする“として、ストレンジがヴィラン達を元のユニバースに戻すべくピーター、彼女のMJ、親友のネッドの3人に危険を訴えるが、その後さらなる混乱が引き起こされようとする様が描かれる本作。複数のユニバースを同時に生き始めたピーターの「僕の責任だ。全員は救えない」という台詞の果てに、彼が下す選択とは――。今、ここに全ての運命が集結する!

2022年1月7日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/平和島/ユーカリが丘/土浦/沼津/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/重信/エミフルMASAKI/北島/姶良

©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら