ニュース
2021/12/28

【映画新着情報】この映画のカメオ出演をお願いするなら?『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』スタン・リー誕生日にエイミー・パスカル&ケヴィン・ファイギインタビュー映像解禁!

全世界待望のトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。全米では公開週末3日間で興行収入2億6013万ドル(約297億円)という驚異的な記録でNo.1となり、全米におけるオープニング興行成績としては『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を抜いて歴代2位に!さらには、全世界オープニング累計興行収入は早くも6 億0093 万ドル(約685 億円)を突破し、全世界オープニング興行成績においても歴代3位という映画界の歴史に残る大ヒットスタートを記録! その第一弾予告編は、<公開後24時間の視聴数>が全世界で3億5550万回を記録し、これまでの映画作品の中で最も視聴された予告編となった。さらに、先日解禁された最新版の予告映像でも瞬く間に世界中のトレンドを席巻!日本でも劇場前売券の発売日から3日間の売れ行きが、驚異の前作対比376%のシリーズ最高記録を更新!日本でも前代未聞の熱狂を予感させている!

最新作が公開されるたびに全世界に大きな熱狂を巻き起こすマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)。この世界を作り上げたうちの一人が、いまなお多くのファンの心をつかむアメコミ界の巨匠スタン・リーだ。


スパイダーマンに限らず多くのヒーローを生み出し、これまで多くのマーベル作品にカメオ出演してきたスタン・リーだが、このたび、彼の誕生日である12月28日に、本作の製作を務めた二人のプロデューサーが日本のファンに向けて語るインタビュー映像が解禁となった。


インタビューでは、「もしスタン・リーにこの作品のカメオ出演をお願いするなら、どのシーンですか?」と問われ、これまですべての「スパイダーマン」シリーズに携わってきたエイミー・パスカルは「まだお見せしていないラストシーンに出てほしかった」と即答。一方で、この質問を想定していなかったというマーベルの社長でもあるケヴィン・ファイギは「スタンが亡くなったことは今も信じられない。どの場面でもいいからカメオ出演してほしかった」と話す。一方で「ある意味スタンは、全シーンに存在している」と語り、エイミーも大きくうなずく様子が。



スタン・リーと共にスパイダーマンを生み出し、2018年に亡くなったスティーヴ・ディッコのスピリットもこの作品のすべてのコマに入っている、と二人はリスペクトする。長年マーベル作品に関わってきた二人のプロデューサーだからこその愛溢れる回答となっている。60年前にスタン・リーとスティーヴ・ディッコの2人により生み出され、今なお全世界で愛されるスパイダーマンが本作でどのようなシリーズ<最終章>を迎えるのか。


エイミーが語るラストのシーンも、スタン・リーの存在を感じながら注目してほしい。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』プロデューサーインタビュー映像

2022年1月7日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/平和島/ユーカリが丘/土浦/沼津/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/重信/エミフルMASAKI/北島/姶良

©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら