ニュース
2022/1/13

【映画新着情報】スペンサー邸で人肉を欲し彷徨うゾンビと応戦するクリス!『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』本編映像解禁!

全世界のシリーズ累計売上本数が1億1700万本を超えるカプコンの大人気ゲームから生まれた、大ヒットサバイバル・アクション映画『バイオハザード』シリーズ。その「バイオハザード」の原点を描く新たな映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』より、クリス・レッドフィールドを演じたロビー・アメルがスペンサー邸でゾンビと戦う恐怖の本編映像が一部解禁となった。


クリスは、S.T.A.R.S.の隊員であるジル・バレンタイン、アルバート・ウェスカーと共に、消息を絶った同僚を探すため郊外にあるスペンサー邸にヘリコプターで出動する。異様な空気を感じる中、ジル達と分かれ捜索していたが、目や口から血液が流れ落ち、皮膚は腐乱したゾンビ達が次々と襲い掛かってくる。拳銃で応戦するクリスだったが、気が付くと辺りは真っ暗に。ライターの火をつけ辺りを伺うが、火を灯す度に徐々に近づいてくるゾンビが…。クリスは無事にこの危機を乗り越えることができるのか?!

クリスを演じたロビー・アメルは、バイオハザードのゲームの大ファンだと明かす。

「ゲームにかなり忠実な脚本だったことが一番気に入ったんだ。子どもの頃、そして大人になってからもずっとあのゲームをしてきたから、懐かしい場面がたくさんあった。ゲームへのちょっとしたオマージュがたくさんあって、ヨハネス監督がゲームのファンだというのがよくわかるよ。すべてのゲームの要素がイースターエッグのように隠されているんだ。脚本には、思わず微笑んでしまうような素晴らしい場面があった。」と、一ファンとしてすごく興奮した。と語っている。

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』本編映像

1月28日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/ユーカリが丘/土浦/沼津/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/エミフルMASAKI/北島/姶良

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら