ニュース
2022/3/7

【映画新着情報】ホグワーツ城を背に、ニュート&ダンブルドア率いる 寄せ集めのデコボコチームが集結!『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』日本版ポスターがついに解禁!

ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』。先日、キャラクターポスター、US版ポスター、US版予告、さらに日本版本予告が立て続けに新たな情報が解禁されると「もう最高最高」「たのしみすぎて無理」など高まる期待の声が溢れ、世界中が魔法のひと時に酔いしれた。そんな熱狂の中、日本版ポスターがついに解禁された。

「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」全10作で興行収入が1000億円を突破するなど、国内洋画シリーズ映画興行成績でもNo.1の成績を誇る魔法ワールドシリーズ。「ファンタスティック・ビースト」は、「ハリー・ポッター」の生みの親、J.K.ローリング自ら脚本を手掛ける映画作品として注目を集めている。


今回解禁された日本版ポスターには、魔法ワールドファンなら誰もが知る、ホグワーツ魔法魔術学校が、まるで見る者を魔法ワールドに迎え入れてくれるかのようにそびえ立っている。そして、中心には、主人公のシャイでおっちょこちょいな魔法動物学者のニュート(エディ・レッドメイン)。その肩にはキラキラしたものが大好きなニフラーのテディとニュートの相棒のボウトラックルのピケットの姿が。お馴染みの魔法動物たち以外にも、今回は魔法のトランクからどんな魔法動物が飛び出すのか目が離せない。ニュートと並ぶのは、本作のキーパーソンとなる“史上最も偉大な魔法使い”ダンブルドア先生(ジュード・ロウ)。一度は同じ志を持ち「互いに戦わない」と血の誓いを交わした“史上最悪の黒い魔法使い”グリンデルバルド(マッツ・ミケルセン)に挑むため、ニュートとダンブルドア先生が寄せ集めのデコボコチームと共に立ち上がる!


そんなニュートとダンブルドア先生と共に戦うデコボコチームの面々も勢ぞろい!人間(マグル)でありながらもダンブルドアに杖を与えられた“陽気なマグル”ジェイコブ(ダン・フォグラー)。魔法使いが人間を支配するべきというグリンデルバルドの思想に傾倒していってしまった恋人のクイニー(アリソン・スドル)を連れ戻すことは出来るのか!?さらに、“魔法動物を愛するニュートの助手” バンティ(ヴィクトリア・イェーツ)、これまで陰ながらニュートたちに協力していた、アメリカのイルヴァーモーニー魔法魔術学校の“呪文学の教師”ユーラリー(ジェシカ・ウィリアムズ)、ニュートの兄で“超エリート魔法使い”テセウス(カラム・ターナー)。

さらに、リタ・レストレンジの異父兄である“名門魔法族の末裔”ユスフ(ウィリアム・ナディラム)と、ダンブルドアの弟アバーフォース(リチャード・コイル)の姿も。そして、ダンブルドア一族のピンチの時に現れるといわれ、ハリー・ポッターを助けたこともある不死鳥が、ホグワーツ城に向かって、大きく翼を広げ羽ばたいているように見えるが、これはホグワーツ城でただならぬ事態が起こっているということなのか!?ホグワーツで一体何が起こっているのか?史上最悪の黒い魔法使いグリンデルバルドに挑むため立ち上がった、デコボコチームの頼もしい姿が、新たに始まる壮大な冒険を予見させる日本オリジナルのポスタービジュアルとなっている。


4月8日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/平和島/ユーカリが丘/土浦/沼津/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/重信/エミフルMASAKI/北島/姶良

© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Wizarding World™ Publishing Rights © J.K. Rowling WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. 

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら