ニュース
2022/3/30

【映画新着情報】父・阿部寛、息子の悲しみを呑み込む海になるー映画『とんび』、感涙必至の名シーンが到着!

幾度途切れても必ず繋がってゆく親子の絆を描く、重松清による不朽の名作小説の初映画化『とんび』より、父・阿部寛が愛する妻の死を受け入れ、息子と共に生きてゆく決心をする、感涙必至の名シーンが解禁となった。

主人公の、破天荒ながら愛すべき父・ヤス役には、『テルマエ・ロマエ』「下町ロケット」などの大ヒット作で、圧巻の表現力と存在感を放つ阿部寛。ヤスの息子・アキラ役には、若手実力派の中でも突出した才能を発揮する『君の膵臓をたべたい』『東京リベンジャーズ』の北村匠海。さらに、多くの深遠な物語をエンターテイメントとして昇華させてきた監督・瀬々敬久の元に、薬師丸ひろ子、杏、安田 顕、大島優子、麻生久美子、他豪華キャストが集結した。


幼い頃に母を亡くし、父・ヤスに不器用ながらも男手一つで懸命に育てられ、大きな愛情を受けたアキラ。今回到着したのは、そのヤスとアキラが、母の死という悲しみを受け入れ、前を向いて進もうとする感涙必至の名シーンだ。


アキラが3歳になったある日、妻・美佐子(麻生久美子)は事故で帰らぬ人となってしまう。突然の二人きりの暮らしとなったヤスとアキラだったが、幼馴染の照雲(安田顕)とその妻・幸恵(大島優子)、そしてヤスの姉のような存在であった小料理屋の女将・たえ子(薬師丸ひろ子)らが、アキラを息子のように可愛がり、アキラを、そしてヤスを全力で支えてくれていた。だが、未だ悲しみが癒えないヤスは、ある夜、照雲の父である海雲(麿赤兒)に、「わしみたいなもんは生まれてこんかったらよかったんじゃ」と、ぶつけようのない悲しみを吐露する。それを聞いた海雲は、雪の降る瀬戸内の夜の海へ、ヤスとアキラ、そして照雲を連れてきた。

『とんび』本編映像

寒さが沁みる中、アキラにかけていた毛布を取らせると、「アキラ、お父さんにもっとしっかり抱いてもらえ。顔と腹は温いだろう。それでも背中は寒い。お母ちゃんがおったら背中を抱いてくれた」と、その寒さを背負うことが、母親を亡くしたアキラの運命だと諭す。さらに照雲と共にその背中に手を当て、自分たちのように、母の代わりに愛してくれる人が大勢いることを優しく伝えた。そしてヤスには、「海は、なんぼ雪が降っても、知らん顔して黙って呑み込んどるわ。アキラに悲しみを降らすな。ヤス、お前は海になれ。お前は海にならんといけん」と、愛のある言葉で励ます。ヤスは、その言葉を、悲しみと決意に満ちた涙を流しながら、必死に受け入れた。


「とんび」の原作ファンや、過去に2度映像化されたドラマファンからも、人気の高いこのシーン。このようにしてヤスとアキラは、最愛の人の死を受け入れ、多くの人に支えられながら、前を向いて生きてゆくのである。不器用ながらも懸命に生きていく二人の親子には、どのような未来が待っているのか。



4月8日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/平和島/ユーカリが丘/土浦/沼津/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/重信/エミフルMASAKI/北島/姶良

Ⓒ2022 『とんび』 製作委員会

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら