ニュース
2022/4/22

【映画新着情報】『オールド・ボーイ 4K』2003年韓国公開当初の緊張感と哀愁に満ちた本国オリジナル予告2種が解禁!

2004年、第57回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。審査委員長のクエンティン・タランティーノ監督が激賞し、国内外の映画賞で高い評価を得た鬼才パク・チャヌクの傑作復讐サスペンスの4Kリマスター化『オールド・ボーイ 4K』より、本国オリジナル予告2種と本国ポスター・サブ写真が到着した。

作:土屋ガロン(狩撫麻礼)、画:嶺岸信明による日本の同名コミックを原作に、『JSA』で国際的に注目を集めていたパク・チャヌク監督が映画化した本作は、ある日突然何者かに拉致監禁され、理由も明かされぬまま15年後に突如解放されたオ・デスの壮絶な復讐劇を描く。予想を超えるストーリー展開と、スタイリッシュかつ容赦なきバイオレンス描写が話題となり、今もなお多くのファンに愛される作品だ。


解禁となったのは2003年11月韓国公開当初の本国オリジナル予告2種。本国オリジナル予告①は、はた迷惑な酔っ払い男オ・デスの姿から始まり、韓国を代表する映画音楽監督チョ・ヨンウクが手掛けた本作のサウンドトラックから、ユ・ジテ演じる謎の男ウジンの複雑な感情を象徴するワルツ曲「Farewell, My Lovely」が流れ、「15年の監禁は始まりにすぎなかった」のテロップと同時に冒頭の酔っぱらい男オ・デスが復讐の怪物に変貌した姿で映し出される。その後、ウジンは「人生を復習しろ」とオ・デスに言う。彼らにはどんな秘密があるのか。

韓国オリジナル予告①

本国オリジナル予告②は、同じくサウンドトラックから、チェ・ミンシク演じる主人公オ・デスの孤独と哀愁を表現した曲「In A Lonely Place」が流れる中、オ・デスが電話を片手に「お前は誰だ」と言う場面から始まり、矢継ぎ早にキャストらの表情を切り取った場面が映し出され、最後には「二人の男の秘密」、「最高の対決が始まる」と締めくくられている。2種とも不穏なムードと謎解きサスペンス要素の高い予告となっている。

韓国オリジナル予告②

韓国オリジナル予告で印象的に使われている2曲の曲名「Farewell, My Lovely」、「In A Lonely Place」は、どちらも映画のタイトルである。「Farewell,~」はロバート・ミッチャム主演のアメリカ映画で邦題は『さらば愛しき女よ』(75)。「In A~」はハンフリー・ボガート主演のアメリカ映画で邦題は『孤独な場所で』(50)。実は劇中で使用される曲の全てにパク・チャヌク監督は様々な映画のタイトルを引用。引用された映画とその音楽が表現する世界観から本作を読み解くことも出来る、というのもこだわりの強いパク・チャヌク監督ならではの仕掛けだ。


5月6日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋

Ⓒ2003 EGG FILMS Co., Ltd. all rights reserved.  

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら