ニュース
2022/4/27

【映画新着情報】作品への没入感を増幅させる音楽はどう構築された!?『 バブル』志尊淳&りりあ。のスペシャル対談を収録したスペシャル映像解禁!!

世界に降り注いだ泡<バブル>によって、重力が壊れた東京で、少年と少女の想いが引かれ合う、グラビティ・アクション・ラブストーリー『バブル』。

「SPY×FAMILY」のWITSTUDIOと、日本が世界に誇るクリエイターが集結し、誰も感じたことがない“映像体験”をという想いで制作された本作は、縦横無尽なカメラワークで躍動感溢れるグラビティ・アクションが展開され、「にんぎょ姫」の物語をモチーフに作られたエモーショナルなドラマで描かれる映画『バブル』。この度、本作の誕生秘話をスタッフ・キャストのインタビュー、メイキング映像を交えて紐解く、〈“Making of バブル”〉が劇場公開に向けて、5週連続で解禁となる!第三弾として、本作のメガホンをとった荒木哲郎監督と『君の名は。』(16)や『天気の子』(19)、『竜とそばかすの姫』(21)といった作品を手掛け、本作の企画・プロデューサーを務める川村元気による対談映像に加えて、主人公のヒビキの声優を務めた“志尊淳”と、ヒロイン・ウタの声優、そしてEDテーマ曲「じゃあね、またね。」を書き下ろした“りりあ。”の対談映像を収録した【音楽編】が解禁。合わせて、沈んだ東京の奥底で、泡から生まれ、にんぎょとして描かれるウタとヒビキの運命的な出会いを幻想的に描いたイメージボード資料が解禁となった。

本作の主題歌を担当するのは、若者から絶大な人気をほこるアーティスト、“Eve”と“りりあ。”だ。映画の世界観をスタイリッシュにスピード感溢れる楽曲で謳い上げる“Eve”の「Bubble feat. Uta」と、ウタの気持ちに寄り添い、ヒビキやヒビキが生きる世界への愛を情感豊かに表現する「じゃあね、またね。」は、作品への没入感をさらに増幅させるトリガーとして、映画に欠かせない存在となっている。

”Eve”と”りりあ。”の二人を抜擢した理由として、川村は「この作品が、日本のみならず、全世界のティーンエイジャーと繋がれるかを考えた時に、“りりあ。”さんは〈TikTok〉から、“Eve”は〈Youtube〉からでてきた人なので、そういう人たちがこの『バブル』をどういう風に捉えて音楽にしてくれるか、興味がありました」とオファーのきっかけを振り返り、「Eveは『呪術廻戦』主題歌の『廻廻奇譚』もすごい親和性が高いと思っていて、(OP主題歌「Bubble feat.Uta」の)最初のデモを聞いたタイミングで、“完全にわかってくれているな”と感じました」と明かしている。そして、荒木監督は「じゃあね、またね。」について「本作のエンディングは自分にとって肩の力をいれず、力まずに自然に出せたものになりました。僕自身とっても気に入っていて、すごく満足度を高めてくれた」とりりあ。の歌声と表現力を絶賛している。

アニメーションの幅を広げる働きとして荒木監督と川村が重要視していた主題歌の存在。特に「じゃあね、またね。」はウタの感情そのものとして観る者に深い余韻を残す仕上がりとなっている。この「じゃあね、またね。」の制作について、”りりあ。”は「ウタとヒビキが“現代に実際にいたら”というのを想像して、その二人のやり取りや今っぽい感じを想像して作りました」と制作時を振り返り、「じゃあね、またね。」は一日で作り上げたと語っている。志尊は「この映画の最後の余韻として、終わった後も「じゃあね、またね。」がずっと頭に残ります」と普段から口ずさむほど、志尊もお気に入りの楽曲となっているようだ。

そして、“Eve”と“りりあ。”の二人だけではなく、『バブル』の壮大なストーリーを音楽で支えるもう一人の重要人物が澤野弘之だ。「ギルティクラウン」、「進撃の巨人」、「甲鉄城のカバネリ」、といった数多くの作品で荒木監督とタッグを組んできた澤は今回、荒木監督からこれまでと違うある要望があったことを明かしている。「これまでの『進撃の巨人』や『甲鉄城のカバネリ』では、アクションシーンがヒロイックだったり、躍動感あるように見せたり、感動する部分もどうやって表現するかという風にしていたところを、より本作では“キャラクターの感情に寄り添った音楽“を作っていった」と本作での新たな試みについて語っている。

映画『バブル』Making of バブル③【音楽編】

5月13日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/ユーカリが丘/土浦/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/エミフルMASAKI/北島/姶良

幸田和磨

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら