ニュース
2022/6/10

【映画新着情報】<音楽×爽快アクション>最強コラボ『バイオレンスアクション』豪華アーティストによる挿入歌が大決定!!

累計発行部数50万部超え、オンラインアクセス数1,000万PV超え!小学館「やわらかスピリッツ」で連載中の浅井蓮次と沢田新による超人気コミック「バイオレンスアクション」が待望の実写映画化!主人公・菊野ケイは音楽とともに戦闘モードに入り、『ベイビー・ドライバー』や『キック・アス』のように音楽を起点に流れるようなアクションを繰り広げる。その劇中音楽を担う超豪華アーティスト4組の挿入歌が解禁!


5匹組ロックバンドMAN WITH A MISSIONが手掛ける「Tonight, Tonight」は、まさにマンウィズらしい疾走感溢れるナンバー。最初から最後までテンションMAXになること間違いなしのアクションシーンにぴったりな楽曲に仕上がっている。また、昨年デビューした音楽ユニットNOMELON NOLEMONの「タッチ」は、スリリングでアダルトな曲調の中に、主人公ケイのキュートさも彷彿とさせるフレッシュな一曲だ。アップテンポな楽曲が並ぶ中、韓国で俳優としても活躍する歌手キム・ヒョンジュンによる「Song for a dreamer」はエモさ抜群!さらに、唯一無二の音楽ジャンルを確立するバンドFear, and Loathing in Las Vegasからは激しいアクションシーンを連想させる一曲「Tear Down」が到着するなど、バラエティ豊かな楽曲が勢揃いした。

各楽曲がどのシーンでかかるのか、今から楽しみにしていただきたい。

<コメント&楽曲一覧>

◆MAN WITH A MISSION「Tonight, Tonight」(ソニー・ミュージックレコーズ) 

今回ハ瑠東監督カラ直接オファーノ連絡ヲ頂キマシテ、トテモ嬉シイト共ニ身ノ引キ締マル思イデシタ。格好良イアクションシーンデ流シタイノデ、メチャクチャ格好良イ曲ヲオ願イシタイト言ワレテカナリプレッシャーデシタガ、音ト共ニ仕上ガッタ映像ガ凄スギテ圧倒サレマシタ。是非、映画館ノ大音量、大スクリーンデコノコラボレーションモ楽シンデ頂ケタラ嬉シイデス!

◆NOMELON NOLEMON「タッチ」(Sony Music Entertainment (Japan) Inc.)

過去一番の刺激的な楽曲を書きました。どんよりとした時世の中で、鬱憤や退屈を噴き飛ばしたい方々に是非届いて欲しい一曲です。この様な機会を頂き大変光栄に思います。映画とあわせて「タッチ」よろしくお願いします。

◆キム・ヒョンジュン「Song for a dreamer」(HENECIA MUSIC)

コロナ禍でなかなか日本にも行けない中、この映画に音楽で参加できてとても感謝しておりますし、楽しみながら書き下ろさせていただきました。

幼い頃から日本の漫画が大好きだった僕にこうして作品に参加できる機会を与えてくださり、出演者やスタッフの皆様をはじめ、監督、原作者、全ての関係者の方々に改めて感謝申し上げます。

◆Fear, and Loathing in Las Vegas「Tear Down」(Victor Entertainment . inc.)

挿入歌として使って頂きとても嬉しいです!どんな風に流れるんやろか、、!映画公開楽しみにしています!

Fear, and Loathing in Las Vegas So

8月19日(金)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/平和島/ユーカリが丘/土浦/沼津/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/重信/エミフルMASAKI/北島/姶良

©浅井蓮次・沢田 新・小学館/『バイオレンスアクション』製作委員会

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら