ニュース
2022/7/12

【映画新着情報】ブラッド・ピット 主演×伊坂幸太郎 原作『ブレット・トレイン』漫画家・真島ヒロ先生描き下ろしキャラクター特別ビジュアルが到着!

伊坂幸太郎の大ベストセラー小説「マリアビートル」をブラッド・ピット主演『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ監督がハリウッド映画化したアクション超大作『ブレット・トレイン』より、『FAIRY TAIL』などの漫画家・真島ヒロ先生が本作のキャラクターを描き下ろしたキャラクター特別ビジュアルが解禁された。


世界一運の悪い殺し屋レディバグが請けたミッション、それは東京発の超高速列車でブリーフケースを盗み、次の駅で降りること。簡単な仕事のはずが・・・次から次へと乗ってくる身に覚えのない9人の殺し屋たちに命を狙われ、降りたくても、降りられない!最悪な状況の中で、列車はレディバグを乗せたまま終着点・京都に――。やがて明らかになっていく、殺し屋たちの過去の因縁。そして終着点で待ち受ける世界最大の犯罪組織のボス=ホワイト・デスと対峙したとき、思いもよらぬ衝撃の展開が待ち受ける。


今回到着したのは漫画家・真島ヒロ先生が本作のために描き下ろしたキャラクター特別ビジュアル。いつも事件に巻き込まれ、自分とは無関係な人の死に遭遇してしまう、伝説級に運の悪い殺し屋レディバグ(ブラッド・ピット)、車内で起こる全ての出来事を裏で掌握しレディバグたちを翻弄する謎の女子学生プリンス(ジョーイ・キング)、裏社会の大物から密令を受けた腕利きの殺し屋コンビタンジェリン(アーロン・テイラー=ジョンソン)&レモン(ブライアン・タイリー・ヘンリー)。


そして、どういうわけかレディバグに強い恨みを抱くメキシコNo.1の殺し屋ウルフ(バッド・バニー)、変装の達人で毒使いの暗殺者ホーネット(ザジー・ビーツ)、息子に重症を負わせた犯人を捜す元殺し屋キムラ(アンドリュー・小路)、キムラの父親でなにかと「運命」を語りたがる剣の達人エルダー(真田広之)という8キャラクターのビジュアルを、真島先生ならではのタッチで描き下ろした。


真島先生は「原作が好きなので、映画版めっちゃ楽しみです!日本の作品が海外で映画化ってだけでもワクワクするのに、僕の大好きなブラッド・ピットが主演!もう本当に楽しみすぎます!イラストを描かせていただいたのも嬉しかったし、光栄でした」と語り、本作への期待を寄せている。

『ブレット・トレイン』予告編


9月1日(木)より公開

公開劇場:グランドシネマサンシャイン 池袋/平和島/ユーカリが丘/土浦/沼津/ららぽーと沼津/かほく/大和郡山/下関/衣山/重信/エミフルMASAKI/北島/姶良

[提供:シネマNAVI]

この記事をシェア:
特設サイト
シネマサンシャイン公式アプリ
メールマガジン
公式SNS
シネマサンシャイン公式アプリ
映画鑑賞をもっと便利に!
メールマガジン
詳細はこちら